■ hechiで様々な製品に使用致しております織物は、
タイを初め、ラオス、ミャンマー、カンボジアの人々による手織物です。
 
現地の高い技術をもつ織手の方々と 長期に亘る信頼関係を築きながら多くの試行錯誤を経て現在に至っております。
それぞれ土地で育まれてきた文化・自然・工芸技術に沿いながら、日本の着物文化、生活に融合するような生地を生み出せるよう、現地の職人・デザイナーとhechiデザイナーとが協力し、糸選びから糸染め、織工程まで一切の妥協を排し 唯一無二のもの作りを目指しております。
 
他には見ることのできない、異文化融合の個性的かつ高品質な織物を産み出すべく努力をいたしております。
 
様々な土地で出来上がった布は、日本にて最終加工を行い、
hechiオリジナルデザインによる帯や着物、バッグ・小物などに加工致しております。

   

  

シルク織物とともに、コットン、ヴィスコーズ(竹の繊維で作られた糸)、麻を織り交ぜたテキスタイルや手刺繍の布、稀少な黄金繭から作られる糸での織物も制作しております。

これらの生地は制作に時間がかかり、また量産ができないため、すべてがほぼ1点ものとなっております。
 
また、2015年頃よりタイ・バティック(ろうけつ染め)による正絹着物地の制作・販売も行っております。